読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aru-a-coj’s diary

コードオブジョーカーの記事を書いています。

【COJ】The Agent【vol.12】

《目次》

・今週のまとめ

・ボツネタの供養

 

《今週のまとめ》

こんばんは。

仕事帰りにパチ屋でナルトを読んでたら、えらい時間になってて嫁に怒られたアルーアです(´Д`)

最近のパチ屋は凄いですね!おしぼり置いてあるし、お茶は飲み放題だし、マンガも揃ってて下手な漫喫より充実してます(´∀`)

ちょっとだけのつもりが何時間も経ってたってパティーンに陥ってました(ノ´∀`*)

 

ってな訳で、今日はJできませんでした(白目)

ホントは一旦帰ってから夜Jしに行く予定でしたが、子供を寝かしつけてたr

(いつも通りなので略)

ゲーセンが0時で閉店になって久しいですね。

クエDをネット回線が切れる4時まで回してた時代が懐かしいです。

そこからファミレス行って時間潰して、開店からクエD再開なんて事もザラでした

 

おっと無駄話でしたね(;´∀`) 

さてさて、本題に入りましょう。

16日(日曜)~22日(土曜)

対戦結果:28戦13勝15敗 (先攻:10回/後攻:18回)

《自分使用デッキ》

赤黄 猿 B猿 黄単スピム B侍

《相手使用デッキ》

黄単スピム:3 赤黄スピム:3

赤単:3 猿:3

赤黄:2 黄緑:2

VG:2 ハンデス:2

忍者:1 緑単:1

戦士(黄緑):1 海猿:1

虫:1 侍:1

獣珍獣:1 黄単:1

※VG=蒼炎のヒトミ+プロメテ+ディナー型ハンデスデッキ

《相手キャラ》

仁:1回 綾花:2回 星:4回 まりね:11回

軍司:0回 沙夜:5回 時矢:5回

 

 《感想》

負け越し。先攻/後攻の比率が1:1になるよう調整していただきたい。

 もっとも、ラウンドリミットまで到達する事が多いから個人的には後攻の方が若干得意なんだけどね。。。

 

それはさておき、結果だけざっくり見るとスピム系が多かったんだなぁって印象。

その影響からかVGは比較的少なめでした。

しかしトップ3デッキ(猿、スピム、VG)が全体の4割を占める辺り、今回の環境が高オリボよりも勝率で稼ぐ環境なんだなぁってのが分かりますね。

それと赤単も人気のようですね。ランリプの影響でしょうか。。。

他には安定の赤黄、赤系に強い黄緑が続いてます。

サイクロ型ハンデスはニコ動の影響かな・・・?

青にそまr・・・何でもないです。

あぁいうの好きですよ。

 

それに伴って、使用キャラもほぼ「まりね」ですね。

スピムのような早いデッキでも、後半まで視野にいれてワンハンが採用されているのが特徴でしょうか。

これもランカーの影響ですね。

(それと前回の盗賊の手4pの影響で冥札再臨が殺されてたのも大きいと思います)

 

このランク(SS1~J4)だと、ランカーリプレイとか各種ブログ、もしくはツイッターで公開されたデッキのコピーや、その亜種みたいなのが多い事が分かります。

それだけ情報に敏感で、皆より良いデッキを求めてるんだなぁって感じました。

 

それと、毎日環境に変化があったのも特徴的でした。

前日5連勝した黄単スピムも、次の日には負けまくりだったり・・・

それがあって「使い込みます」って言いつつ違うデッキを使ってました。

別に高度な情報戦()では無いです(´・ω・`)

 

正直もっとサンプルが欲しいので、1日5~10戦。週で35~70戦を目安にプレイしたいのですが、いかんせん時間が取れないのが悔やまれます。

今後もこういった形で結果をブログに書いていこうと思うので、同ランク帯の方は参考にして下さいね。

 

《ボツネタの供養》 

最近ネタ書いてないなぁって、ネタを楽しみに見に来てくれた方は思ってる頃ではないでしょうか?

実は1.3の情報が出始めた頃に思いついたネタがあったんだけど、書く暇が無くて見送ってました、ごめんなさい。

 

どういうものか、ちょっとだけ書いておきますね。

 

『失われし力と新たなる光明』

新能力【沈黙】

それは全ての効果を無効にする強力な効果。

今ままで猛威を振るっていたユニットも、この効果の前ではただのバニラに過ぎない。

 

・・・それが突如彼女を襲った。

【裁きのマーヤ】にである。

 

「判決を言い渡す・・・とくと見よ!」

 

数々の相手を、その理不尽な判決によって地獄行きへと誘ってきた彼女だったが、

ついにその彼女が裁かれる時が来たのだ!

 

【沈黙】!!

 

そのによって、彼女は もはやただの少女に過ぎなかった。

しかし 彼女の力によって裁かれた者達は決して許してはいない。

その中でも一際 大きな恨みを持つ種族がいた。

サーチ珍獣である。

 

彼らの力は微弱であるため、マーヤの影響下では表舞台に立つ事が出来ず その力を半分しか発揮出来ない。

そのせいで手札で温存され、力を蓄える(ORする)日々(ターン)が続いていた。

 

そして【沈黙】によって効果を失ったマーヤを見るや否や、恨みを募らせた1匹のサーチ珍獣が、突如として彼女を襲ったのだ!

 

デビルウインナーLv3!!!

 

場に出た瞬間、ウインナーの触手がマーヤを襲う!

マーヤの両手、足は動きを封じられた。

はち切れんばかりのウインナーの頭が、そんな彼女を見てさらに膨張する。

「やられる」

マーヤの脳裏に その言葉がよぎった。

 

しかし何かおかしい。

力を失ったとはいえ、デビルウインナーLv3の力では彼女を抑える事が出来ないはず・・・

何かある!

 

【突進】だ!!!

 

OCによって攻撃制限が解除され、突進によってBPが引き上げられていたのだ!

 

しかしそれでも足りない。まだ何かあるはずだ!

マーヤは必死に辺りを見回した。

 

???「ふふふ・・」

 

それは きのこの帽子をかぶり、胞子のような丸い物体が先にくっついた棒を振りかざしていた。

 

「スポアガールか!!」

 

「ご名答!さあ、デビルウインナーよ、やっておしまい!」

ウインナーがマーヤを襲う瞬間、空が歪み そこから声が響いた。

 

「ソコマデダ!」

機械の声の主は、空の歪みから現れると間髪入れずにウインナーを突き飛ばしマーヤを助けた。

「ワタシハ 絶望ノ未来都市カラ ヤッテキタ」

「ニードラーLv3ダ!!!」

「サア ワタシノ セナカニ ノリナサイ!」

 

マーヤは自分のスカイ・マーヤ・ギョクーザに座ると、ニードラーの背中と合体した!

 

変身合体!

「G・マードラーLv3!!!」

(グレート・マードラー レベルスリー!!!)

 

 

(イメージ図)f:id:aru-a-coj:20141123043920j:plain

後に作者は こう語っている。

作者「くっ!俺に画力があれば・・・超カッコイイの描いたのに!

しかもテーマソング(替え歌)まで考えてたけど、もう書くのメンドイ!

ちなみに曲はポップン2より【はばたけ、ザ・グレートギャンブラー】」

※こんな曲です↓


Pop'n Music 9 - Anime Hero R (Mokai's Edit) - YouTube

これ貼るのに苦戦してたら、お湯入れたまま放置されたヤキソバがのびたorz

 

話は戻る。

「な、なによ!そんなの聞いてないわ!!」

慌てふためくスポアガール。

「今日の所は撤退よ!」

煙と共に消えていった。

こうしてマーヤの貞操は守られた。

「ソロソロ ワタシモ 未来ヘト カエラネバ・・・」

無事に役目を終えたニードラーも、空の歪みへと帰っていった。

 

【沈黙】

 

その効果は、今までの環境に大きな変化をもたらすであろう。

近く、新たなるカードの追加により激変の世界が生まれる。

それは絶望の未来か・・

はたまた一筋の光明か・・・

 

その時まで、今日もマーヤは裁き続ける。

 

f:id:aru-a-coj:20141123050034p:plain

©SEGA

 

多分ほとんどの方は気付いてると思いますが、沈黙によって効果を失っていてもバニラ扱いにはならず、【沈黙】という効果を持ったユニットして扱われますのでニードラーで強化できません。

これは公式のJ子ブログに詳細が書かれています。

そう、つまりこのネタここまで考えておいて無駄になったんですよwwwww

 ほんと

f:id:aru-a-coj:20141123050221j:plain

©SEGA

リアルにこんな感じでしたよ ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

とまぁ、またどうせくだらないネタを思いつくから、その時は時間みて書いていこうと思います。

 

今回はこれにて終了です☆

ここまで読んで下さってありがとうございました!

また次回も宜しくお願いします!

ではではノシ