aru-a-coj’s diary

コードオブジョーカーの記事を書いています。

【CoJ】 The Agent 【Vol.46】

久しぶりの更新ですね。

どうもご無沙汰しております、アルーアです。

 

ツイッターではちらほら呟いてるんですけどね。

I☆KU☆ZIに追われてゲーセンすら行けてない状態でした。

ようやく最近になって仕事帰りにちょっと寄れるようになりました。

 

最近の環境を勉強しつつ、日々思いついたデッキを少しずつ試しているといった日常を送ってるのですが、今回はエラッタ情報が入ったと言うことで、それを皮切りに更新を再開してみようかなと思った次第です。

 

では、早速気になるものだけですが、僕が個人的に思った事をつらつらと書いていきたいと思います。

 

エラッタ内容については、分からなかったら公式ブログまたは他の方のブログを参照して下さいね。

こんな場末のブログにまで目を通す人なんて、大抵全部把握してるような物好きさんだと思いますので(笑)

 

ではでは

 

・聖吹の精シルフ

朝ランチさんが喜ぶ。

 

・海王ポセイドン

他のブログでちらほら「上方、下方かは賛否両論だ」みたいな事が書かれていますが、つまりそれはこれを使用しているプレイヤーがマニアックなファンデッキを使う人ばかりだからだと思います。

結論から言うと上方修正だと思います。

しかし進化である事や、もう一つの能力が受け身であることから結局は使われないカードのままなんじゃないかなって考えてます。

「わしにまかせろ!」とは・・・

 

・鬼神・スサノオ

素直に強くなりましたね。

「緑の毘沙門」と言われてるみたいですが、むしろこれは「緑のジャッジメント」ですね。その本質は、これを先行させる事で自分の盤面にいるユニットの数+1点のライフダメージを与えるダメージスペルだと言う所かと思います。

そもそも3回攻撃したら相手盤面は更地ですよ。(ただし行動権が無いユニットは残る)

考えてみて下さい。今時4体残してターンを返す場面がどれほどあるのかを。

シヴァのコストが上がったからと言って採用されなくなるとは限らないし、緑単であろうとジョカが1~2枚入ってる事なんて珍しく無いわけです。

シヴァに関しては後述しますが、この世にジョカがいる限り理由もなく4体以上盤面にユニットを残す事は少ないのです。

で、仮に4体いても今回強化された相手のみBPダウンで後続が突撃しやすくなっている訳ですね。

一応、従来通り人の業パンプで牽制出来るので対策出来ないほどでは無いのが良心的ですね。

個人的評価としてはヴィシュヌに似た安定した強さを獲得したと思います。

 

・原初神ガイア

俺の嫁

嘘ですごめんなさい。

ツイッター周りの評価は非常に高いみたいですね。実際、良い強さを得たと思います。

ブログなんかでは、「アポロンを倒せる」と書かれている事が多かった気がします。そうなんですが、これの一番の強みはどちらかと言うと「エンビルを倒せる」事なんじゃないかなぁって感じがします。

実はそれだけではなく、武身(主にクサナギ)に大打撃を与えるようになったのではないでしょうか?

僕が復帰して赤黄を使った時に思ったのが、

「BPライン6k超えが多すぎて処理しきれない」

って事でした。何しろ相手が出してくるユニットはクサナギから始まってミューズ(焼けない)、アポロン(7k)、ヴィシュヌ(焼けない)、バトルカイザー(絶望)と、現在の焼きライン5kを上回るか無効化するものばかり。

挙句バーンカウンターを搭載してる場合もあったりで、2手焼き(シヴァ+α)すら許されない事も。

従来の赤黄では良いようにやられるだけでした。

【秩序の盾】持ちはどうしようもないけど、今後武身に関してはアポロンも込みでガイア1手でほぼ壊滅出来るので、これは赤黄系の復権もあるかも知れませんね。

 

一応、ガイア使ってみたいよって方の為に一つサンプルレシピを置いておきますね。

 

f:id:aru-a-coj:20160115230407p:plain

 OC赤黄ガイアver

 

これからの時代、先攻を取ったら

 

1マコ

2アポロン

3ガイア

 

の時代です!

先攻を取ったら、マコ、軽減アポロンと展開して3T目にガイアをマコに重ねます。

その間にトリトリから選ばれし者が起動出来れば満点です。

 

注意点は、3T目のガイア展開前にアポロンで攻撃しておくこと。

その時、相手の受け方を見ます。

アポロンがブロックされればガイア出しでアポロンを場に残しつつガイアで1点取れます。

アポロンが素通しされれば、ガイア出しで追撃の1点を取りつつアポロンで消滅カードを回収します。以降ほぼ全てのユニットがブブの射程圏内になります。

トリガーに白が刺さっていて、人の業を警戒するならスルトでケアします。

いずれにしても、こちらの盤面が有利のはずです。

ただし、ミューズなどの【秩序の盾】持ちや、緑伏せパンプ濃厚の場合は不利となるので慎重にプレイする必要があるでしょう。

構築に迷っているならば、これを軸に考えてみてはいかがでしょうか?

 

なお、後攻は軽減アポロンやタコマーヤ、あるいは選ばれし者やトリトリ込みで出せるユニットを見れば良いと思います。

タイミングを見ながらガイアで一掃してこちらのペースに持っていきましょう。

 

・破壊少女シヴァ

重くなりましたね。妥当な修正かと。

多色化推奨の最前線に最も大きく貢献したと思います。しかし、ちょっと便利すぎましたね。シヴァシヴァみたいな安易な使い方で場が逆転してしまうのは、開発の意図するところでは無かったのでしょう。

いや、正直イージープレイカード(使い方が簡単でゲームバランスを崩壊させてしまうパワーカード)過ぎたんですよね。

※イージープレイカードってのは僕のオリジナル用語ね。

 

ほんとはこれって、重ねるべきか、重ねず取っておくべきか。とか、ここで使うべきか、のちの為に温存するべきか。とか考えて使うべき切り札みたいなカードだと思うんですよ。

引いて来た2枚目のシヴァを安易に重ねる人って結構多くないですか?

話がずれました。まぁつまり考えなしにポイポイ投げるだけで使えてしまうくらい軽かったって事ですよ。

それに他のブログでも書かれていますが、2+5の最強コンボカードだったんですよね。

このゲームのパワーカードって5CPに偏ってるんですね。

で、総CPが7まで増えるゲームじゃないですか。

差し引き2CPですよ。

で、その並みいるパワーカードと最も相性がいいのが大体シヴァだった訳です。

そりゃ使用率no.1にもなりますよね。

それらのシナジーは、多分想定内だったとは思うんだけど、やっぱ構築の幅を狭めていた事実は認めなければならなかったって事かな。

 

構築幅の減少は、致命的な環境の固定化を生み出す。それに伴ってプレイヤーも激減する未来を辿る。

byアルーア

 

今後どの程度環境が変わるかは分からないけど、これによって一つの環境の終了を迎えたのは間違いないだろう。

あ、僕は使いますよ。だってCP増えようが強いもん。

 

ちょっと今日はここまで。

流石に寝ないと仕事に響くので、続きは明日にでも(書くとは言っていない)

 

ここまで読んで下さってありがとうございます。

また不定期ですが、細々と更新していけたらと思いますので、お暇つぶしにでも読んでいただけたらと思っております。

 

それでは、またねノシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー舞台裏ー

うわぁぁぁあああああああああ

もっと書きてえ!

つーか語りてぇ!!!!!